平日懇談会と森田を学ぶこと

平日懇談会の成り立ち

平日懇談会の源流は昭和49年に始まった東京女性集談会です。

女性が出席しやすい平日開催として始まりました。

その後会員の増加に伴い根分けと言うことで首都圏を中心に女性集談会が増えて行きました。

そして日曜開催の集談会には仕事の都合で出席できないと言う男性が、

「女性集談会となっていると男性は出席しにくい」との声があり、

平日集談会と改名されました。


森田を学ぶこと

森田を学ぶことは、神経質者がより良い人生を歩むうえで何よりの「心の杖」となります。

心豊かな幸せな生活が始まります。

そして森田には大きな副産物があります。

子供の教育に大変役立つと言うことです。

今子供たち置かれた環境には厳しいものがあります。

その中での子育てに森田の応用が大きな力となってくれます。